えいようJoin

Business Column

お仕事コラム

管理栄養士

スポーツに管理栄養士が必要な理由 試合で勝てる身体になるには?

スポーツ

昨今、スポーツにおける栄養学の重要性が広まっているのをご存知でしょうか。
プロからジュニアまでパフォーマンスの向上を目指すアスリートはもちろん、健康の維持や増進を目的にスポーツを行う一般の方にも、スポーツ栄養学の重要性が広く認知されるようになりました。
しかし、正しく食事をコントロールできているアスリートは、それほど多くはありません。
スポーツにおいて、なぜ栄養学が必要なのか、食と栄養の専門家である管理栄養士が説明していきます。

スポーツ×栄養で試合の結果が変わる?

知らなきゃ損?栄養はスポーツの土台

スポーツ

スポーツ選手を育成する際、技術的な指導や練習メニューの強度を上げることだけに力を入れていませんか?もちろん、それらは試合で結果を残すために大切なことです。

しかし、練習プログラムをレベルアップさせたり、試合でのパフォーマンスを向上させたりするためには実際のトレーニングだけでなく、それぞれの種目に合わせた食事による根本からの身体づくりも重要となります。

身体のコンディションが良くない状態では、効果的なトレーニングやパフォーマンスの向上も望めません。
パフォーマンスを上げるための身体づくりを行うには、種目の特性に応じて、本当に必要な栄養素を意識した食事が必要になります。

とは言っても、スポーツ栄養を指導に取り入れるには栄養についての高い専門知識が必要です。
実際に選手本人や指導者が日々のレーニングに時間を費やす中、その片手間で栄養について本格的に学ぶことは難しいでしょう。

そんな方々こそ、食と栄養の専門家である管理栄養士の力を借りることをおすすめします。

管理栄養士とは、「食や栄養の知識を身につけた、国の資格を持つ食や栄養の専門家」です。
管理栄養士に対して、給食や病院での栄養指導のイメージが強い方も多いかもしれませんが、スポーツ分野でも多くの管理栄養士が活躍しています。

健康的な食事に加えてアスリートはその種目の特性により、特に補わなければならない栄養素や、その反対に過剰な摂取に気を付けなければならない栄養素があります。

例えばパワー系の種目であれば、単純に「筋力を上げたい」と望む選手もいるでしょう。
筋力を上げるためには、もちろん筋力トレーニングが必要不可欠ですが、その筋肉を構成するための「たんぱく質」を適量に摂取できなければトレーニングの効果が薄れてしまいます。

一般的な食事では、アスリートとして筋肉をつけたい方にとってたんぱく質が不足してしまうため、意識的にたんぱく質が多く含まれる食材を食事に取り入れる必要があります。

また、食事の内容だけでなく、食事や間食を摂る「タイミング」も重要で、特に試合当日は、その試合時間に合わせて食事を摂るタイミングを調整することにより、摂取した栄養素がパフォーマンスに対して効果的な時間に働きます。

スポーツをする上での理想的な身体や結果を目指すためには、必要な栄養素を補う食事や食事を摂るタイミングなどをより詳しく知る必要があります。

周りの選手と差をつける!体質に合わせた栄養サポート

スポーツ選手は、一般の方とは違い、試合に向けて「筋肉を増やしたい」「体脂肪を落としたい」など要望の基準が高い傾向にあります。

「筋力アップには何を食べたら良いか」「疲労回復に効果的な食べ物は何か」など、インターネットやSNSで調べることも可能ですが、“効果的”と言われる特定の食べ物を食べたからといって理想的な身体になれるわけではありません。

本当に理想的な身体づくりを行うには、選手それぞれの体質や目標に合わせた食事サポートが必要になっていきます。
そしてさらに「筋肉がつきにくい」「脂肪がつきやすい」など、人がそれぞれ生まれ持った先天的な体質を知ることで、より効率的な身体づくりに必要な食事方法を知ることができます。

そのような先天的な体質を知るためには「遺伝子検査」をおすすめしています。遺伝子検査の結果に基づき、栄養の専門家である管理栄養士が、選手一人ひとりに応じた食事をサポートすることで、今よりも効率的に理想的な身体づくりができるでしょう。

遺伝子検査についてはこちら

実績ある「えいようJoin」が出来ること

えいようJoinには、管理栄養士の資格とあわせて「健康運動指導士」「ジュニアアスリートフードマイスター」などスポーツ栄養にまつわる有資格者も多く在籍しています。
この先、2020年の東京オリンピックの流れもあり、スポーツ人口が増えていくでしょう。

これからスポーツで活躍する選手をサポートしていきたいと考えている方は、えいようJoinによる様々な方法の食事サポート取り入れてみてはいかがでしょうか。

選手や企業のニーズに合わせた”レシピの作成”

レシピの作成

話題性のあるメニューや理想の身体づくりの為の献立やレシピを作成いたします。

成長期に重要な“ジュニアアスリートの食事指導”
スポーツクラブでの食事指導や家庭の食卓で出来るアスリート食の講座を行います。

理想に近づく!“栄養サポートプログラム”

カバディの選手と管理栄養士

個人や集団に向けて「スポーツ選手×管理栄養士の栄養サポートプログラム」を実施しています。
えいようJoinではカバディ日本代表選手を2か月間サポート。遺伝子検査の結果や実際の食事に基づき、管理栄養士が直接食事指導を行いました。

選手やジムのトレーナーに向けたセミナー開催

スポーツジム

実際に目標に向かって日々トレーニングに励む選手の方やその指導者、またジムなどでトレーナーをしている方々に向けたセミナーを開催します。

まとめ

スポーツは、身体能力や練習量によってパフォーマンスのレベルが変わっていきます。
しかし、高いセンスや多くのスキルがあっても土台の身体が整っていなくてはせっかく鍛えた力を発揮することができません。

種目に応じた身体づくりのためにも、豊富な知識を持った管理栄養士の元、正しい食事方法を知る必要があります。
そして、効率的になりたい身体づくりを目指すなら、遺伝子検査で選手の先天的な体質を知ることもおすすめです。

アスリートへの食事指導やセミナーなどをご検討されている方は、是非”えいようJoin”までお問い合わせください。