えいようJoin

Column

コラム

管理栄養士

管理栄養士に仕事を依頼したい!企業ではなく個人として契約する方法

dietitian

健康志向の方が増えている今、管理栄養士の知識やスキルに興味を持つ方は多いのではないでしょうか。しかし管理栄養士と関わる機会がなく、相談したいことがあってもなかなか難しいとお悩みの方もいるかもしれません。
今回は個人でも管理栄養士に仕事を依頼する方法についてまとめたので、食や健康について気になることがある方はぜひ参考にしてください。

管理栄養士の種類

dietitian

管理栄養士は、働き方によって大きく2つのグループに分かれます。企業で雇用されている管理栄養士と、フリーランスの管理栄養士です。

まずは依頼したい仕事内容や予算によって、どちらに依頼するかを決めましょう。そのためにも、それぞれのメリット・デメリットを把握しておくことが大切です。

企業の管理栄養士に依頼する

企業に所属している管理栄養士は、身元がはっきりしているので信頼できます。また、契約関係もしっかりしているので納品物の品質や、費用についても安心できるのが魅力です。

企業によっては「高齢者へのサービスに強い」、「乳幼児向けの商品を開発している」などの特色があります。独自のノウハウが社内に蓄積されている場合は、より幅広く深い知識を提供してもらえる可能性が高いでしょう。

ただし、企業によっては社内確認などが多くやり取りに時間がかかったり、企業の方針で依頼を受け付けてもらえなかったりすることも有り得ます。気になる予算については、やはり高めです。サービスが充実している分、予算は多めに見積もっておきましょう。名のある企業だと、より費用が高くなる傾向にあります。

フリーランスの管理栄養士に依頼する

dietitian

依頼先がフリーランスの場合、直接個人にかけ合うケースと何らかの組織(サービス)を仲介して依頼するケースがあります。

ブログやSNS等で気になる管理栄養士を見つけたら、直接コンタクトを取るのが一つ目のケース。相手にもよりますが、柔軟に対応してもらえる可能性が高いです。ただし、口約束や非常に簡単な契約になってしまう可能性があり、保証の面ではそれほど期待できません。

では、間に仲介が入る場合はどうでしょうか。

たとえば、えいようJoinのようなキャスティングサービス。この場合は、企業が間に入るので保証はしっかりしています。また、企業所属の管理栄養士に依頼するよりも幅広く柔軟に対応してもらえるのが特徴です。

一方で、その企業が提携している管理栄養士によっては依頼条件に合わない場合も有り得ます。依頼する前には必ず詳細な要望を伝え、条件に合うかどうか確認しましょう。

このほか、クラウドソーシングを通して依頼するケースもあると思います。クラウドワークスやランサーズといったサイトに登録している管理栄養士に依頼する場合、結局のところ個人と個人のやり取りになるので、保証が弱いというのは否めません。しかし、サイト内での実績が表示されていることなどから、信頼できる管理栄養士を選びやすいというメリットもあります。また、こういったサイトは報酬額が相場よりも低い傾向にあるため、予算内に収まる依頼先を選びやすいでしょう。

管理栄養士に依頼する時の注意点

dietitian

企業の管理栄養士であれ、フリーランスの管理栄養士であれ、依頼する時には以下の3点を頭に入れておきましょう。

どうしても引き受けられない仕事もある

食に結びつくことであれば何でも携わることができる管理栄養士。しかし、依頼内容によってはどの管理栄養士であっても引き受けられないことがあります。

たとえば、決められた材料・栄養価の中で味の良さまで追求する場合や、商品の効果・効能を誇張する場合などです。もちろん、依頼内容によりけりではありますが、食材の特性や法律の関係上できないことも確かにあります。管理栄養士は食と健康に関するエキスパートではありますが万能ではありません。

もし、どうしても無理だと言われた場合は、どのような内容であれば可能なのかよく話し合ってみてください。

契約内容をよく確認する

契約書の中でも特に重要な内容については改めて説明される場合もあるでしょうが、すべて説明されるというケースは非常に稀です。説明がなかった部分も含めてよく確認しておきましょう。契約についての認識が食い違うと後々トラブルになりかねません。場合によっては裁判沙汰になることも有り得るので、不穏の芽は早めに摘み取っておいた方が無難です。

一般の方にとっては分かりづらい内容も多いかと思いますが、補足説明をしてもらうなどして理解が曖昧なところは残さないようにしましょう。

特に管理栄養士への依頼内容については契約期間が設けられており、更新制の場合が多いです。どれくらいの間納品物を使うことができるのか、更新形態はどうするのかなどについては、重点的に確認することをおすすめします。

契約前に依頼内容を明確に説明する

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、これができない発注者の方は意外と少なくありません。自分の頭の中には設計図が明確にあるので、無意識のうちに説明を端折ってしまうことが多々あります。認識のずれが生じてしまうと、サービス内容が想定していたものと違ったり、予定になかった追加費用がかかったりすることもあるので、事前に認識をしっかり擦り合わせられるようにしましょう。

また、よほど専門性が高いこと以外「それは考えていませんでした」、「お任せします」といった受け答えをしないで済むように、依頼内容はよく練っておくことが重要になります。

食と健康に関するお悩み・ご相談は管理栄養士にお任せ

dietitian

今回は管理栄養士に仕事を依頼する際に知っておきたいことについてご紹介しました。基本的に、管理栄養士への依頼は企業でなくても可能です。個人のお客様でも企業のお客様と同様、誠実に対応しています。

何か管理栄養士がお役に立てそうなことがあれば、まずは一度ご相談ください。えいようJoinは、個人のお客様からのお問い合わせもたびたび受けており、柔軟に対応することができます。話だけでも聞いてみたいという方は、ぜひ下記よりご連絡ください。経験豊富な事務局スタッフが、しっかりサポートさせていただきます。

無料相談はこちら

無料資料ダウンロード
無料資料ダウンロード