えいようJoin

Business Column

お仕事コラム

管理栄養士

レシピ開発や記事監修を管理栄養士に依頼するメリット・デメリット

商品のブランディングやヘルスケアのために管理栄養士に仕事を依頼したいという企業や個人のお客様は年々増えてきています。とはいえ、管理栄養士にどの程度まで仕事を任せられるのかという疑問や、顔の見えない相手とやり取りすることへの不安を抱いている方もいるでしょう。そこで今回は、管理栄養士に仕事を依頼する意味や、えいようJoinを利用するメリット・デメリットをお伝えします!管理栄養士への依頼を考えている方はぜひ参考にしてください。

管理栄養士とは

管理栄養士は食事の面から身体のさまざまな機能に働きかけ、人々の健康をサポートする「栄養のプロ」です。似た名前の資格で栄養士というのがありますが、管理栄養士の方がより深い知識を持っており、できる仕事や活動する分野が多いという違いがあります。

そもそも管理栄養士になるには国家試験に合格しなければなりません。都道府県知事から免許を受ける栄養士とは異なり、管理栄養士は国家資格なのです。そのため、栄養士では指導できない怪我人や病人、高齢者に対しても栄養指導を行うことができます。

管理栄養士の国家試験を受けるのにも受験資格が必要です。栄養系の大学や専門学校で4年以上学ぶ、あるいは栄養士として実務経験を1~3年以上積むことが求められます。管理栄養士になるには少なくない時間がかかるのです。それは、管理栄養士がそれだけ重要な役割を担っているからに他なりません。

そんな彼ら・彼女らが活躍する分野は医療、福祉、教育、スポーツ、美容など多岐にわたります。このように、えいようJoinにはさまざまな背景やスキルを持つ管理栄養士が登録しているのです。

関連:管理栄養士とは? 無限の可能性を秘めた食のプロが“今”注目されるワケ

管理栄養士に依頼できる仕事例

豊富な知識と多種多様な経験を持つ管理栄養士に対し、どのような仕事が依頼できるのでしょうか。今までの実績も交えながら、えいようJoinのサービスをご紹介します。

これからお伝えするレシピの開発やコラムの執筆、栄養指導などを始め、えいようJoinでお引き受けできる仕事は多方面にわたっています。ここにはない内容であっても、管理栄養士の力が必要な仕事であれば前向きに検討し、無料でお見積もりいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

①コメント・記事執筆

雑誌や新聞、自社サイトに載せるコラムやコメントの執筆を、えいようJoinに登録している管理栄養士が担当いたします。ライティングに関する研修は随時行っているため、企業様のご要望に沿った高品質な原稿のご提供が可能です。さらに、管理栄養士資格を保有するえいようJoin運営スタッフが必要に応じて文章の確認・修正を行っているのでご安心ください。

【お仕事例】
酵素ドリンク商品ページへのコメント依頼

実際に販売する酵素ドリンクを送っていただき、担当の管理栄養士が商品の特長を確認したうえでコメントを執筆。管理栄養士のプロフィールも掲載することで、商品の信憑性やコメントに対する説得力を高めるのに貢献いたしました。詳細はこちら

②サイト・商品監修

Webサイトや新商品の監修をすることで、ユーザーにより正確かつ信頼性のある情報を提供する手助けをいたします。

また、健康や美容分野に関しては薬機法(旧・薬事法)に準じた表記でなければいけないため、記述の仕方には細心の注意を払う必要があります。えいようJoinであれば、薬機法に関わる仕事に携わった経験のある者が在籍していますので、栄養と法律の2つの観点からチェックすることが可能です。

【お仕事例】
ダイエットアフィリエイトサイト監修依頼

アフィリエイトサイトの中でも、ある特定の分野に特化したサイトは季節要因等による浮き沈みが激しいため、相応の工夫が必要になります。その一つが「監修」です。専門家に確認してもらうことでサイト自体の専門性や信用性を高めることができます。Googleからの評価も上がるので、必然的に見られやすいサイトとなるのです。
このご依頼いただいたケースでは扱っている商品がダイエット食品だったため、管理栄養士による監修・校閲でサイトの権威を高めました。詳細はこちら

③レシピ開発

企業様のコンセプトや企画に沿ったオリジナルレシピを開発いたします。分量や栄養価、ターゲット層などについて丁寧にヒアリングをしたうえで適任者を選定。キャスティングする管理栄養士をご指定いただくことも可能です(要相談)。

えいようJoinに登録している管理栄養士は、乳幼児期から高齢期、妊娠・授乳期など、さまざまなライフステージの専門分野に対応しているため、消費者の年齢やお悩みに応じた健康で美味しいレシピをご提案いたします。

【お仕事例】
糖尿病患者向けレシピ作成依頼

Webサイトリリース用に、糖尿病患者が自宅で簡単に作れるレシピを作成・納品いたしました。ご依頼いただいたエネルギー量(カロリー)に合わせて栄養計算を行い、複数の献立を用意。さらに管理栄養士によるレシピコメントや、プロのカメラマンに撮影してもらった料理写真も付けることで、サイトユーザーにとって分かりやすく信頼できるものが出来上がりました。詳細はこちら

④地域おこし・プロモーション

商品のPRやイベントでのトークショー出演などに対応できる管理栄養士をキャスティングいたします。また、ご予算や目的、ターゲット層に合わせて企画からご提案することも可能です。

また、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSやWebサイトを使用して、プロモーション戦略を成功へと導きます。Web関係のお仕事に限らず、えいようJoinに登録している管理栄養士は全国にいるため、地方への出張も承っています。出演や出張をご検討の場合は、管理栄養士のスケジュールもありますので、余裕を持ってなるべくお早めにご相談ください。

【お仕事例】
岐阜県下呂市の観光プロモーション

管理栄養士が実際に訪問し、管理栄養士の目線ならではの食レポ、特産品を使用したレシピの紹介をして、地域の郷土料理を美容・健康の両面からアプローチしました。結果、ターゲットである女性観光客を意識したブランディングを実現。さらに、管理栄養士自身のSNSアカウントで発信し、自然な誘客を図りました。詳細はこちら

⑤健康管理

食事の順番や適切な食材・量というのは一人ひとり違うもの。体質やライフスタイルに合わせて管理栄養士が細かく栄養指導をします。個人の健康・美容サポートはもちろん、社内研修による社員の食事サポートや栄養カウンセリングも可能です。

特に、遺伝子検査と管理栄養士による分析・栄養指導をかけ合わせた弊社独自の取り組みは効果が高いと多くの方にご支持いただいています。遺伝子検査にご興味のある方は、こちらのページもご参照ください。

【お仕事例】
「MISS GRAND JAPAN 2019」ファイナリストの栄養サポート

世界的なミスコンテストの一つに「ミス・グランド・インターナショナル」という大会があります。その日本代表を選出する大会、「ミス・グランド・ジャパン」のファイナリスト33名を1か月半の間栄養面からサポート。遺伝子検査の結果と出場者それぞれの生活習慣等を踏まえ、管理栄養士による食生活アドバイスを一人ひとりに行いました。詳細はこちら

管理栄養士に仕事を依頼するメリット・デメリット

さて、管理栄養士がどのような職業なのか、えいようJoinで何ができるのかが分かったところで、メリット・デメリットの分析もしていきましょう。それぞれをよく吟味して、今後の方針決定に役立ててもらえたらと思います。

メリット

①説得力・訴求力がある

管理栄養士に対して多くの方が抱いているイメージは「食と栄養のスペシャリスト」、「指導を受ければ健康になれそう」などプラスのイメージがほとんどです。食事や健康に関係のあることであれば、一目置かれる存在と言えます。したがって、管理栄養士を起用することで言葉の重みが増し、より消費者や一般ユーザーに訴えかけることができるのです。

②イメージアップ

社会的に信頼度の高い管理栄養士を取り立てることは、企業のブランディングに繋がります。企業や商品に良いイメージを持ってもらいやすく、競合他社との差別化を図ることができます。また、ターゲット層に合わせた的確な人選によって、ユーザーの共感や信頼を得やすくなるのもポイントです。キャスティングの詳細については直接お問い合わせください。

③信頼度が上がる

健康や美容関連のサービス・商品は数えきれないほど世の中に溢れています。中には嘘か本当かもわからない情報や、効果に対して誇張された宣伝も……。しかし、管理栄養士という国家資格保持者の後ろ立てがあれば、何も掲げていないものよりも信憑性が高くなります。ユーザーにとっては購入を見極める一種の目安になるでしょう。

また、得られるのはユーザーからの信頼だけではありません。Googleからの信頼度も上げることができます。専門家に監修してもらったサイト=正しい情報が載っていると認識されるため、キーワード検索をかけた際に検索結果の上位に表示されやすくなるのです。すると、より多くのユーザーの目に触れることとなり、それだけ売上にも繋げることができます。(SEO対策・検索エンジン最適化)

デメリット

①費用がかかる

外部に依頼するということは、当然ながら社内で対応するよりも費用がかかってしまいます。一度見積もりを依頼して、予算の枠内に収まるかどうかを確認したほうが良いでしょう。急ぎの案件でない限りは、複数の企業に見積もり依頼を出し、費用対効果が一番高いところを選ぶのがベストです。

②工数がかかる

自社で完結する、あるいは管理栄養士と直接やり取りができれば打ち合わせ等もスムーズに進むでしょう。えいようJoinでも取り得る限りの迅速な対応を心がけていますが、やはり仲介があるかないかではかかる時間に差が出てしまいます。

実績ページにそれぞれ要した期間を載せているので参考までにご覧ください。ただし、どれくらいの期間で納品できるかは案件ごとに異なります。詳細は直接お問い合わせください。

③人間的な相性

対面でのやり取りが発生する場合、キャスティングした管理栄養士との相性が合わない可能性も考えられます。企業様には事前ヒアリングし、ご要望に沿えるよう依頼内容に最適な人選を行っておりますが、人間的な相性の良し悪しまでは関与できません。それによって仕事に悪影響を及ぼすことはありませんが、何らかの事情でどうしても担当者を変えたい場合は、えいようJoin事務局までご連絡ください。

まとめ

管理栄養士に仕事を依頼する意味や、メリット・デメリットについての理解は深まったでしょうか。

えいようJoinをご利用いただくことで適切な人材を探す手間が省けますし、必要な時だけ依頼できるので常時雇用するよりもコストダウンが実現できます。管理栄養士の起用を検討してくださっている方は、ぜひ一度えいようJoinにお問い合わせください。お問い合わせはこちらからどうぞ。